ワキガ予防法

そんなワキガですが、ワキガの臭いを抑えるためには、日頃のケアをすることが大切です。
万が一ワキガを発症してしまっても、正しいケアさえ行えば、きつい臭いを抑え、少しずつ症状を改善させていくことも可能ですので、日頃からこのようなケアを行うように心がけてみましょう。

まず一つ目は、食生活の改善、並びに運動習慣を作ることです。
これらはダイレクトにワキガに関係する可能性が高いと言われていますので、一番初めに見直しを行いましょう。
食事は野菜を中心に、脂っこい、塩分が高い物を控え、出来るだけ自炊を行う事。
運動は、一日一回汗をかくレベルで行うことが大切です。

二つ目は、汗をこまめに拭くことや、ワキガケア専用のクリーム、デオドラント商品を利用する事です。
汗を大量にかいた時は特に、綺麗なタオルを濡らしてワキの下を拭くことを心がけ、こまめにデオドラント商品を利用する事が大切です。
また、ワキガの臭いを効果的に抑えるためには、ワキガケアに特化した専用の商品を使うことも効果的と言えるでしょう。

最低でもこの二点に気を配ることで、ワキガを初め、キツイ体臭を抑えることも可能になりますので、臭いが気になるという方は、まずは試してみることをオススメします。

老若男女関係ない

ワキガを発症させるのは、太っている中高年の方や、日頃体を不潔にしているような方と思っている方も居るかもしれませんが、実は決してそんなことはありません。
場合によっては、普通体型で毎日お風呂に入っているという方でも、ある日突然臭いがきつくなり、調べたらワキガであったということも珍しくないのです。
ワキガは例えば、このような方でもなる可能性がありますので参考にしてみて下さい。

意外とワキガ率が高いのが、運動をしている男子高校生です。
代謝が良いため、汗をかく量が尋常ではないというのと、すぐに汗を拭ける環境にないことが多いため、放置してしまった結果、ワキガ臭を発症してしまうという男性が少なくないのです。

また以外にも多いのが、ジャンクフードを食べる率が高い社会人の女性です。
男性は多少ジャンクフードを食べても女性に比べて代謝が良いため、ある程度臭いを軽減することが出来るのですが、女性の場合は話が別。
アポクリン汗腺からの分泌液が増えた結果、ワキガの臭いをダイレクトに発症させてしまう方が多いと言われています。
また、女性、特に便秘をしやすい女性は、体内に毒素が溜まってしまい、ワキガと合わせて体臭がきつくなってしまうこともあると言われています。