ワキガとは?

「ワキガだから周囲から避けられる」「ワキガだから密室に居たくない」このように、ワキガに対してコンプレックスを抱えている方は少なくありませんが、そもそもワキガとはどのような病気なのかご説明します。

ワキガは体臭がきつくなる病気の事で、発症するとツンとしたドブのような臭いをわきの下から放つようになってしまい、周囲の人間を初め自分をも苦しめる病気として知られています。

わきの下などにあるアポクリン汗腺という汗腺からの分泌液が雑菌と結びつくことでキツイ臭いを放ち始めるとして知られているワキガですが、そんなワキガを発症する理由は人によって異なります。
食生活の乱れや運動不足、汗の大量分泌、体が汚いことなどが原因で、臭いがきつくなると言われています。

ワキガは、老若男女問わずに発症する病気として知られており、体臭が気になり始める中高年を初め、20代の女性、10代の青少年など、年齢、性別問わずに、いつ何時発症するかがわからない病気の一種として知られています。
きちんとしたケアを行わないと臭いが悪化するため、ワキガを発症したら、早めのケアを行うと同時に、状況によっては美容皮膚科などの病院で治療を行うという選択をするのも一つの手でしょう。

このように、とにかく臭いがきつくなることで知られているワキガですが、このワキガになる人には、いくつかの特徴がありますので、参考にしてみて下さい。